[留学特集]聖学院高等学校/留学制度が充実している「おすすめの私立高校」

海外提携校で学ぶ長期留学制度がある。教育理念である“Only One for Others”を実現するための経験をする機会として重視している。

留学制度の特徴

グローバル教育を「他者理解・他文化理解を通して“Only One for Others”を体現できるように」と位置づけている。“Only One for Others”は、同校の教育理念だ。また、英語教育にICEモデルを利用しているのも大きな特徴となっている。ICEモデルとは、I(Ideas=基礎知識)、C(Connections=つながり)、E(Extensions=応用)の頭文字をとった学習・評価方法。問いを立てることで学びのストーリーを作り、生徒が主体的に学びたくなる学習を成立させ、さらに、その学びを質的に評価することができる。留学については、Cの部分に関わる「既知の内容を表現しようとする」、そして、Eの部分に関わる「未知の内容を表現しようとする」経験を積む機会として捉えられる。日常から非日常に飛び込むことで“Only One for Others”に繋がる経験を積むことができるというわけだ。
留学制度としては、海外提携校で学ぶ3ヶ月間または1年間の制度を設けている。ホストファミリーの元で月曜から金曜まで現地校で授業を受け、放課後の課外活動などにも参加する。現地の単位が認められるため、原則、元の学年に戻ることができる。

留学の概要

 留学先 アメリカ、カナダ、ニュージーランド
 対象者 希望者
 期間 3ヶ月間または1年間
聖学院高等学校
〒114-8502 東京都北区中里3-12-1
TEL 03-3917-1121

  • JR山手線「駒込駅」東口より徒歩5分
  • 南北線「駒込駅」3番より徒歩7分

MAP

スペシャルレポート(注目校を徹底研究レポート!)

スペシャルレポート
スペシャルレポート
スペシャルレポート
中学受験スタディ(首都圏) 中学受験スタディ(関西)
高校受験スタディ(首都圏) 高校受験スタディ(関西)
聖学院 留学
スタディ公式SNSで最新情報をチェックしよう!